본문 바로가기 대메뉴 바로가기
メニューを閉じる

医科学大学

作業治療学科

作業治療は身体および精神社会的な障害を持った人が日常生活、職業、余暇などの意味のある作業を治療活動として実行し、健康と満足的な生活を回復できるようにする臨床科学だ。海外就職、医療機関、公務員、研究所などへ進出する保健医療専門家を養成する建陽大学作業治療学科は国家試験合格率4年連続100%、全国首席輩出という成果を出している。

医院经营专业

不仅对医院行政和医务记录及保险审查还对医院统计,宣传营销,策划及组织人事管理,财务领域等医院行政,经营前半的精通人才培养为目的。毕业后可以在大学医院,综合医院,医疗保健职员,医疗产业关联的整部投资机关,还有保健公司及制药公司等 各种医疗关联企业就业

眼鏡光学科

眼鏡、コンタクトレンズ、屈折検査及び両眼視機能検査に対する知識と実務能力を培い、国民の視力保護と健康な視生活の営みを追及する学科だ。卒業後、眼科病医院、眼鏡院、眼鏡及びコンタクトレンズ関連の多国的企業、光学機器会社、教育者、光学技士、眼研究所、大学院進学、海外免許取得を通じ海外就職など多様な進出が可能である。

臨床病理学科

臨床病理学は臨床病理士を養成する高級学問として、科学的で専門的な技術で疾病の原因を究明し治療の方向を提示する医療生命科学の一分野だ。臨床病理士免許の取得率は全国平均60%程度だが、建陽大学臨床病理学科は6年連続で在学生合格率100%を成し遂げており総合病院、研究所、疾病管理本部、食薬庁、国立科学捜査研究所、製薬会社、外国系医療機器会社、大学院進学など多様な分野に就職しており、正規職の就職率が高いという長所を持っている。

放射線学科

医学での目、放射線学科は疾病の正確な診断情報の提供はもちろん癌治療などにおいても中枢的な役割を果たしている医療放射線技術科学を教育する学科だ。免許取得率100%を目標とする学科として卒業後は医療機関及び研究所などで革新的な役割が果たせる有能な人材養成に焦点を置いている。

歯科衛生学科

歯科衛生学科は口腔疾患予防と管理及び治療を追求する臨床分野だ。歯科衛生士は口腔健康教育、予防歯科処置、歯科治療協力及び経営管理を支援することにより口腔健康増進を図る口腔専門保険医療人だ。
21世紀の専門化、肯定か時代に必要な専門職業人として歯科衛生士の未来は明るい。

物理治療学科

物理治療学は様々な疾病及び事故による一時的な、または永久的な生涯を持つ人々に運動治療や物理的な要素(水、光線、電気、熱、手、道具など)を利用し、損傷した昨日を回復させたり障害を最小化できるように評価、治療及び教育する医学の一専門治療科学だ。

応急救助学科

応急救助学は人の大切な生命と健康を扱う学問だ。近年発生している大型事故により応急医療の受容が日々急増し、応急処置士の必要性と重要性が高まっている。よって国内応急医療体系を構築し国民の生命保護に寄与する応急処置士は今日、専門職業としてその価値が高まっている。